メイン画像

医師は研修医の期間を経て一人前になります

医師になるためには大学の医学部を卒業して医師国家試験に合格する必要があります。
そしてその後は研修医として、実務に就きながら怪我や病気の治療法を学ぶ事になります。
この研修医の期間にしっかりと学ぶ事になるため、これを無事に終了すると一人前の医師として認められる事になります。
そしてその後には大きな総合病院や大学病院で、学んだ知識と経験を活かして働く事になります。
そうする事で多くの命が救われ社会に対して大きく貢献する事ができます。
また医師の場合は自らクリニックを開業する事も可能で、そういった働き方をしている医師も多いです。
その場合には看護師などのスタッフの人選も自由に行う事ができて、診療時間や休日なども自ら決める事ができます。
そのため開業医として働く事を希望する医師も多く、大きな総合病院や大学病院と同様に人気があります。
また家業として親族がクリニックを開業している場合には、研修医の期間を終えて一人前になった後にそのクリニックを継ぐ人もいます。
http://www.tokyo-med.ac.jp/ortho/news/senior_resident.html