メイン画像

口コミで人気の歯医者さんが簡単に探せます!

なんだか最近、右の奥歯が痛い気が…しかもチョコレートを食べると余計に痛くなる気が…気のせいでしょうか、いえ、これは完全に虫歯です。
歯をしっかり磨いているつもりでも、虫歯になってしまうのはどうしてなのでしょうか。

そもそも虫歯のなりやすさは、食べたもので変わってくるようです。
食事をする前の口の中はアルカリ性で保たれていますが、甘いものや肉類などの糖質・たんぱく質によって酸性に変わってしまいます。
「酸性」というだけあって、これらの食品は歯の表面を溶かしてしまいます。
この時、唾液が活発に分泌されることで酸性は中和され、唾液によって溶けた歯をコーティングします(再石灰化)。
しかしこの一連の流れは、食べたものだけでなく食べ方によっても、十分な効果を発揮できなくなってしまうこともあるのです。
間食が多かったり、いつまでもダラダラと食べてしまうと、唾液の分泌が間に合わなくなり、口の中はいつも酸性、歯も徐々に溶けてしまう悪循環に陥ってしまいます。
また、歯磨きの場合も、自分ではきちんと磨けているつもりでも、意外と磨き残しやムラがいつも同じところに発生しがちです。
歯医者さんでブラッシング指導を受けてみたり、歯周病の原因になる歯石の除去もしてもらうことをおすすめします。
定期的なメンテナンスという感覚で健診を受けることが虫歯の早期発見・治療につながりますし、メディカルドキュメントというページでは、お近くの歯医者さんを簡単に探すことができます。
口コミも多数掲載されていますので、歯医者さんを探す参考になさってみてくださいね。
私も歯医者さんを探して早く治療したいと思います…。