メイン画像

最初から最後まで責任をもってビルの管理行います

ビルの管理を請け負う警備員は入社時にビルの管理の研修を受ける事になります。そのビルの管理をするために必要なビルの管理の概念、ビルの管理に関する知識、そしてビルの管理には重要な武道も学ぶ事になります。なぜビルの管理に武道が必要になるかというと、ビルの管理にとっても重要なセキュリティにー大きく関係しています。どこの建物にとっての大敵は不審者、ビルの管理の知識にも登場する人物です。不審者の目的は様々、だからこそ色々な起こりうるシチュエーションに応じて護衛、防衛、攻撃、守備を習得する必要があります。空手、護衛術、柔術、合気道などビルの管理を運営する会社の方針にもよりその内容も異なりますが、ビルの管理には不可欠な業です。不審者の目的が窃盗だった場合は武器を所持している可能性が高いので特に注意したい所です。万引きが目的の不審者の場合は、気づかれ無いように尾行して実行現場を確認してから確保する事になります。http://www.mec-c.com/