メイン画像

生徒の自主性を尊重した松戸市の高等学校

興学社高等学院は、生徒が好きな授業を選ぶことができる、前衛的な学校として注目が集められています。
当校では、コミュニケーション不和といった発達障害の人に、通学できる環境が整備されています。
中でも、自分の居場所や友だちをつくることができるカリキュラムを導入し、スクールライフをエンジョイできるよう配慮がなされています。
これを、当校ではソーシャルスキル・トレーニングと呼び、人付き合いに関する苦手を克服するプログラムが編成されています。
他にも、興学社高等学院には2つの特色があり、自由選択授業と体験型職業ガイダンスがそれにあてはまります。
自由選択授業には、60種類もの授業が生徒の自主性に基づいて選べ、学ぶ意欲を育む役目を果たします。
体験型職業ガイダンスでは、早い段階で将来の目標を考えていくカリキュラムで、生徒の習熟度に合わせて指導していきます。
なお、これらのプログラムは1クラス15人程度の少人数制で行われていき、キメの細かい生徒指導を行うことが可能となっております。