メイン画像

徐々に失明に至るとされる白内障の原因と治療

白内障は、目の中にあるレンズの働きがある水晶体が白く濁り、視力が低下するという症状です。
水晶体は外からの光を集める機能がありますが、それが白く濁るとその光を集める機能が働かず、物自体を見えにくくしたり見えなくなるケースがあります。
実際の症状としては、視界全体がかすんで見えたり、視力低下、光をまぶしく感じたり、暗い所と明るい所との見え方が違うのが症状です。
その原因も様々な原因が考えられ、一番オーソドックスなのは加齢によるものと言われています。
実際に症状が現れるのは、45歳過ぎからでそれ以降の年齢では発症する割合も高くなり、80歳以降となるとほとんど発症することが多いです。
ただ実際に症状が現れても進行の度合いについても、個人差が見られます。
その他には目のケガや糖尿病、アトピー性皮膚炎、風疹などが原因で起こるケースも稀にあります。
なお治療法としては、日常生活に支障がない初期の段階では点眼治療による方法が選択されるのが一般的です。
ただそれでは根本的な解決に至らないケースもあるため、進行してきて日常生活や仕事などにも支障が生じる場合には、手術による方法を行ないます。
手術による方法は、「超音波乳化吸引術」という方法で超音波で水晶体を粉砕して、代わりにレンズを挿入する手術です。
白内障は進行性でもあるので、こういった手術を行なえば失明をしっかり免れることが出来るため、推奨されています。
http://matubaracl.com/cataract/