メイン画像

新しい形のコンタクトレンズ

視力の悪い方は、矯正用のメガネもしくは、コンタクトレンズを使用されていると思います。
外科的に視力矯正をするレーシック手術も今では、一般的になってきてはいます。
しかしながら、メガネにしてもコンタクトにしても無くしてしまう、ずれてしまうといった悩みから解放されることは尽きないものです。
レーシック手術に至っては、かなりのリスクを伴うのも現実です。
そんな中、最近開発されたのがオルソケラトロジーと呼ばれる、視力矯正の方法です。
簡単に説明しますと、コンタクトレンズのようなオルソケラトロジーレンズを寝る前につけ、起床時に外すだけで一定期間視力が矯正された状態が続きます。
例えば近視の方の場合、目から入った光が正常な焦点に達する前に集まってしまいピントがうまく合わずにぼけてしまいますが、この特殊レンズを就寝前に装着することで睡眠中に角膜に癖がついて正確な屈折に矯正してくれます。
起床時に外せば、その正確な屈折を維持してくれ強制された状態が続くというものです。
このレンズなら、まず日中にコンタクトレンズがずれる、落としてしまうといったことから解放されます。
さらには、レーシックのような手術と違い、もしも自身に合わなければ使用をやめてしまえば、元の状態に戻れます。
視力矯正のわずらわしさに悩む方は、一度この新しいコンタクトレンズのオルソケラトロジーを使用してみてはどうでしょうか。