メイン画像

中小企業において特許申請を行うなら

企業においては新しい製品を開発するなどして商品の魅力をアップして他の製品との差別化を図りながら対応してきています。
そしてこれらの製品の開発の過程で得た新たな知見であるとか技術については各会社における宝物でして、多くの場合にこれを他の企業などに無断で利用されないように権利を主張する必要が有ります。
この手段として特許申請が有りまして、これには専用の様式などで特許庁への書類申請を行う必要が出てきます。
大きな企業ですtと、専門の部署が有りまして、申請する特許が過去に出た他の内容に抵触しないかなどを事前に調べたり、或は申請時の記載内容をチェックしたりする事が出来るのです。
そして私たちの中では、これらの特許申請を小さな企業であるとか個人の発明として申請したいと考えている方も見えます。
この様な場合は特許申請をサポートしてくれる会社を利用して対応する事が必要となります。
至誠国際特許事務所においてはこの様なサポートを行ってくれます。