メイン画像

離婚相談は男なら男へ

肉食系女子に代表されるように女性の力が増しています。
それは、一般社会でのことだけでなく、法律の世界でも女性は強くなっています。
特に、離婚については、女性弁護士の活躍もあり、女性有利の判例が多くなっています。
その背景には、女性に比べ、男性は仕事で外に出ている時間が多く、社会的な立場を気にして、あまり他人に相談したりしないことや、妻に比べ、夫婦間の詳細を記憶できていなかったり、日記など証拠能力のある資料を持っていないケースが多いこともあり、裁判になると妻側の圧勝になることも多いようです。
そのため、ある日突然、妻から離婚を迫られることも増えているようです。
迫られるだけならまだしも、協議中には、経済的に不安定になる女性側から相場を超える一時金を要求されたり、慰謝料を請求されたりと、非常に不利な状況に追い込まれることがあります。
そのため、妻から別れを迫られた場合は、専門家に相談することが大切です。
ただ、腕のたつ弁護士といっても、女性の場合、やはり男性としては女性に弱いところを見せるのは恥ずかしいという気持ちがあります。
やはり、男なら男同士で話し合いたいです。
このような男性のご意見が多くなったのか、この分野にも男性弁護士が続々現れており、男性のための相談に応じてくれているようです。
男には男しかわからない悩みがあります。
男同士でしっかり話し合いしましょう。