メイン画像

交通事故の後遺障害に詳しい弁護士

交通事故に巻き込まれてしまい、ケガで通院や入院を余儀なくされている方がいらっしゃいます。
その場合は慰謝料や示談金を請求し、治療費や入院費にあてるという形になるでしょう。
しかしケガが完治せずに、後遺障害という症状に付き合っていかなければいけなくなった方もいらっしゃいまして、その際は医師の診断のもとで等級が判断されます。
等級の決まり方というのは、レントゲンを撮ったり診察を重ねていき、症状によって決められるでしょう。
交通事故相談センターでは、等級に納得いかなかった方の代理で異議申し立てを行ったり、慰謝料や示談金の請求をサポートする存在なのです。
中には話し合いが成立しなかったり、納得しきれないという依頼者がいますが、なかなか素人では申し立てをするのが難しいですよね。
相談センターには、医療系の法律に詳しい弁護士を準備しており、損がない正しい判断で結果につなげてくれます。
相談は無料で行っており、内容に応じて必要になった場合は弁護士がサポートしてくれる仕組みになっていますよ。
交通事故の慰謝料に関して、一人で悩まなくても済む一緒に解決してくれる心強い存在だと思います。
まずは電話をして、依頼内容を明確に伝えましょう。
後遺障害について|交通事故無料相談センター