メイン画像

祖母を助けてくれた浄水器の訪問販売者

最近、不審者等へのご家庭の不安を取り除くため、減ったのが、訪問販売でしょう。
我が家も一切来たことがありません。
特に「訪問販売お断り」の張り紙などはしてませんけれども・・・。
ただ、もし来たとすれば、やはり不信感をもつ可能性は高いでしょう。
そういうい時代だからなのでしょうか。
ですが、ずっと昔に祖母の家に浄水器を売りに来た方は、本当は不正な企業だったかは今となってはわかりませんが、訪問販売に来た方が素晴らしい方でした。
祖母は血圧が高く、薬を飲んでいるのですが、この日、真夏日で気温も高く、祖母は少しのぼせたような感覚に陥っていたようです。
そこへ、浄水器を売りにきたかたがきて、玄関口で話を聞いているうちに、祖母は鼻血を出して倒れてしまいました。
すぐに、この方が救急車を呼んでくれ、早急な対応で祖母は今でも元気に過ごしております。
ただ、この方がどこの企業の方かも、もちろんお名前もわからず、もう一度自宅に来ることを待っていましたが、その後販売に来ることはありませんでした。
祖母宅では、浄水器はつけてませんが、もしつけるとしたら、あのときのあの人からと今でも言っております。