メイン画像

交通事故の慰謝料と3つの請求方法

交通事故の被害を受けて何らかの後遺症を負ってしまったとき、被害者は加害者に対して慰謝料を請求することができます。
その請求の仕方には大きく3つに分かれており、同じ被害を受けたとしてもその請求の違いで慰謝料の金額も変わってきます。
その3つとは、自賠責(自動車損害賠償保障)・任意保険・裁判です。
自賠責は法律で定められており、必要最低限の金額を請求することができます。
必要最低限であるため、これだけで納得できる人は少ないです。
そして、保険があります。
加入している保険会社に請求することで、自賠責よりも多くの金額を請求することができます。
ただし、保険加入していなければ請求することはできないため、全ての人が適応できるとは限りません。
そして、裁判です。
弁護士を立てて裁判を起こすわけです。
3つのうちで一番、手間と時間がかかるものの、慰謝料を多く受け取ることができます。
どのくらいの金額が請求できるかは、交通事故とその被害状況によって違ってきます。
そのため、自賠責・保険での請求で満足いかなかった人は、一度弁護士に相談してみるといいかもしれません。
裁判を薦められるかもしれませんし、別の方法をアドバイスしてくれるかこともあります。